容器材質の特長と取り扱い上の注意

注意

  • 火気厳禁 熱で変形したり燃えることがあります。火のそばに置かないでください。
  • 容器の縁で指先などを切ることがあります。取扱いにご注意ください。
  • 内容物が高温となっている時は、やけどをしないよう慎重に扱ってください。

PS(ポリスチレン)系

PSP(ポリスチレンペーパー)
熱温度/80℃
ポリスチレンを発泡させた素材です。保温性、断熱性にも優れ、軽量で丈夫な素材です。
EPS(ビーズ法発泡スチロール)
耐熱温度/70℃
農水産容器や機器の緩衝包装材に主に用いられます。
OPS(二軸延伸ポリスチレン)
耐熱温度/80℃
透明性がよく光沢感がある素材です。蓋などに多く使用されています。
HIPS(耐衝撃性ポリスチレン)
耐熱温度/90℃
耐衝撃性にも優れており、成形性も良い素材です。
  1. 1変形の原因になるので、揚げたての天ぷらなど高温のまま入れることは避けてください。
  2. 2容器に直接触れる食品の表面成分が、以下のものは容器の変質を招くことがありますのでご注意ください。
    • 常温範囲での強酸性のもの
    • 常温範囲で強アルカリ性のもの
    • 常温範囲で油成分の濃厚なもの
  3. 3変形の原因になるので、電子レンジやオーブンでの加熱使用はやめてください。
  4. 4この容器はワンウェイ容器です。再使用はしないでください。
  5. 5この容器で酒、アルコール成分の長期保存をしないでください。
  6. 6燃やすと黒い煤が出ます。煤の成分は炭素であって人体に有害ではありませんが庭先など周囲に悪影響を及ぼす場所では燃やさないでください。

PP(ポリプロピレン)系

PP(ポリプロピレン)
熱変形温度/110℃
耐熱性、耐油性に優れた素材です。
PPF(無機質系フィラー入りポリプロピレン)
熱変形温度/130℃
PPにタルクを配合する事で耐熱性、耐油性に優れた素材です。電子レンジも可能です。
  1. 1電子レンジで温めることはできますが、電子レンジやオーブンによる調理は変形の原因になるので使用しないでください。(加熱温度および時間に注意してください。)
  2. 2内容物が高温となっている時は、こぼしてやけどをしないように慎重に扱ってください。
  3. 3揚げたてのフライ、天ぷら、ぎょうざなどをすぐに入れないでください。容器が変形したり、穴があくことがあります。
  4. 4この容器はワンウェイ容器です。再使用はしないでください。

PET(ポリエチレンテレフタレート)系

A-PET(非結晶性ポリエチレンテレフタレート)
熱変形温度/60℃
燃焼カロリーが低く、ガスバリア性があり透明性と耐油性に優れた素材です。
  1. 1変形の原因になるので、電子レンジやオーブンでは使用しないでください。
  2. 2揚げたてのフライ、天ぷら、ぎょうざなどをすぐに入れないでください。容器が変形したり、穴があくことがあります。
  3. 3この容器はワンウェイ容器です。再使用はしないでください。
発泡C-PET(結晶性ポリエチレンテレフタレート)
熱変形温度/220℃
220℃の耐熱性があり電子レンジをはじめ電子オーブンにも仕様できる素材です。耐油性耐薬品性にも優れています。
  1. 1実用最高温度は220℃です。内容物、容器の温度が220℃を超えないように注意してください。
  2. 2この容器はワンウェイ容器です。再使用はしないでください。
  • SERIES1 建材/土木
  • SERIES2 物流商品
  • SERIES3 工業/産業
  • SERIES9 農産資材
  • SERIES5 ギフトボックス
  • SERIES6 周辺商品
  • SERIES7 もり/刺身容器
  • SERIES8 PP容器
  • SERIES9 耐熱/個食容器
  • SERIES10 トレー容器
  • SERIES11 小ロットシート成形
  • SERIES12 環境製品
会社情報

当社は長年の間、PSP・EPSを主軸としたプラスチック食品軽量容器の総合メーカーとして、食品物流包装資材販売を事業の中核としてまいりました。今後は、積水化成品グループ関西地域代表会社として工業・農業・建材・土木等の幅広い事業分野にソリューション提案を実践してまいります。長年培ってきたノウハウを活かし新分野と融合させることで、お客様に一層満足して頂けるよう励んでまいります。

環境貢献
お問い合わせページ 製品に関するご質問や発注の問い合わせをお受けしております。
〔TEL〕072-780-1501(受付時間:平日9:00~17:00)
電話でもお気軽にお問い合わせ下さい。
ページの先頭へ